災害時にSNSはどう活用できる?

災害時のSNS活用法

緊急時のSNSのメリット

初めに、SNSについてご説明していきます。 SNSは「ソーシャルネットワーキングサービス」の略称で、インターネットを通じて世界中の人と社会的なつながりを提供するサービスを指します。 今では、年齢や性別を問わず世界中の人々が利用しているツールです。 リアルタイムでやり取りをすることが出来ます。

SNSってなに?

地震などの災害が発生した際に、SNSはどのように活用することができるのでしょうか。
家族や友人と連絡を取り合う、遠方にいる親せきの安否を確認するなど様々な活用法があります。
状況によっては、テレビや新聞などのマスメディアよりも早く被災地の情報を知ることが出来ます。
実際に被害に遭っている人などが、リアルタイムで情報を発信していることも多く、その情報から現地が今どうなっているのか、どれほどの被害が出ているのかなどの詳細を知ることも可能です。

実際に過去にあった地震では、被災地でどの物資がどれほど必要かなどの情報発信がされていました。
また交通についても情報交換がされており、交通情報を知る上で非常に重要な存在となっていました。

またSNSには他にも大きなメリットがあります。
過去、大地震が発生した際に電話回線が混雑し、家族や友人と連絡が取りにくいといった事態が起こりました。
ですが、その時SNSが使うインターネット回線には特に障害が発生していなかったため、SNSを通じて連絡を取り合うことは可能でした。
つまり、震災時電話の回線は非常に混雑しやすくなっていましたが、インターネット回線にはほとんど混雑が見られなかったということです。
このことからインターネット回線を利用したSNSを家族や友人間で利用していることで、いざとなったときに連絡が取れる可能性が高いのです。

一部SNSでは、災害時の特別情報センターを設置したりするなど震災への対策意識が高まってきています。

災害情報をいち早くゲット

国の機関でSNSを利用しているケースもあります。 そういったときには、公式アカウントから情報が発信されることもあり、どのような対応がなされているかなどの情報を受信することが出来ます。 専門的な機関が「どういった行動をすべきなのか」を発信していることもあるので、なるべく確認するようにしましょう。

緊急地震速報の仕組み

緊急地震速報とは、大きな地震が発生した直後にどのエリアで強い揺れが発生するのか、到達時間はいつ頃かなどの情報を予想し、国民にいち早く知らせるシステムのことです。 受信した際には、事前に地震に備えることが可能です。 自らの身を守るのはもちろん、火を使っていたら消すなどの二次被害も抑えることが出来ます。